ドロップシッピングのモチベーションを保つためにはゆるさも必要

今日はハロウィンですね。仮装はテレビで見るだけでしたが、見ているだけで楽しくなります(^^)

halloween

時々、受講生の方から「うまくいかなくてしんどいです~」というお声を聞くことがあります。私もそんな時期、いっぱいありました。

ドロップシッピングで成功するために大切なのは「続けること」

まずはこれがないと成功はあり得ません。

やり始めたときは、楽しくて毎日時間があっという間に過ぎてしまいますよね。

けれど、アクセスが伸びなかったり、売り上げが上がらないとモチベーションが下がってしまいます。そして結局やめてしまう。

そんな方がほとんどではないでしょうか。

「こうすればいい!」というのは、その方の状況によって違います。今回は副業としてドロップシッピングをやっているみなさんが、どんな風に続けているのかをご紹介したいと思います。(私の体験も含め)

スポンサーリンク

自分が成功したときのイメージを強く持つ

ダイエットでも、大好きなモデルさんの写真を部屋に貼っておくといいと言われてますよね。「ああなりたい」というイメージを常に目に見えるようにしておくこと。

それは具体的であればあるほどいいです。

私の場合は「成功者のページに載る」でしたが、よくそのページを見ては「この人たちがここで紹介されているんだから、私にもできるはず」と思ってやっていました(^^)

自分をゆるく追い込む

トップセラーのtomoさんが、ドロップシッピングでやっていくために、お仕事を辞めて自分を追い込んだのは有名なお話(^^)。

もちろんみなさんそれぞれ環境が違いますので、覚悟があってもそれが許されない方もいるでしょう。そんな時は、ゆる~く自分を追い込むのもアリ。

私は売り上げゼロの時に「成功したら月10万くらいは入ってくるから、先に買っちゃおう♪」と思って5万円のコートを買いました。

もちろん、そんなうまくはいくはずもなく。。

でもコートを買ったからにはやらないと、という追い込みはあるわけです。その時は結構がんばれましたね(笑)

行き詰ったときは思い切って休む

毎日コツコツと続けるのが苦手な方もいるでしょう。私もそうでした。

調子がいい時は、週末ずっとパソコンに向かったりもしましたが、行き詰ったときは1ヶ月くらい何もしないときもありました。

それでも、上記の「具体的な目標」があると不思議とブレないものです。たまにはゆる~くいくのもいい気分転換になります。

ブログやFacebookを見ない

ドロップシッピングの運営ブログを作っているショップオーナーさん、多いですよね。それらのブログは情報の宝庫です。

技術だけでなく、精神面でも励まされることも多いでしょう。

ただ、前向きなコンテンツは、時に自分にプレッシャーを与えすぎることもあります。COMゼミの受講生の方も、Facebookグループを作って状況報告や情報交換をしています。が、周りの頑張りを見ると余計に自分ができていないことがしんどくなる、という方もいらっしゃいました。

楽しく読めるときは読み、少し行き詰っているときはシャットアウトしてしまう。そんな思い切りもいいものですよ。

成功者を変態扱いする

これは、私の周りの方がよくやっていること(笑)。

今はコンテンツが重要視されているので、お客様にとって有益なコンテンツ(お役立ちページ)をどんどん載せていってると思います。

トップクラスのショップオーナーさんは、その量がハンパない!

  • あの人の人間性を疑います。
  • あの人は変態ですね。
  • あの人、おかしいっすよ。

そうやって笑って楽しめる余裕が欲しいです。

尊敬の目で見ていると、自分との距離がどんどん離れていくような気がしませんか?

「自分も変態になってやる!」くらいの感覚が楽しいですよ。

最後に

ドロップシッピングを続けている限り、ショップやブログへのアクセスは出てきますし、ずいぶんと前に作ったショップから、ひょいっと売上があがることもあります。

そういう時はチャンスです。テンションも軽く上がると思いますので、一気に作業をすすめましょう。

そんなことを繰り返していると、それらが財産になっていくのです。そんなことを続けていると、休憩期間がどんどん短くなり、不思議と「コツコツ続ける体質」もできてくるのです。

今日は、少しゆる~く書いてみました(笑)。もちろん、つねに目標をもってがんばり続けられる方には必要のないことです。悪しからず。

スポンサーリンク