Search Consoleの導入方法

サーチコンソール

こちらでは、ショップやサイトにGoogle Search Console を簡単に導入できる方法をご紹介します。

 

最初にGoogleアナリティクスを導入しておく

ショップやサイトを作ったら、GoogleアナリティクスとSeach Consoleの両方を導入しますが、順番が違うと設定がややこしくなったりします。ですので初心者の方は特に Googleアナリティクスを先に導入しておく ことをおすすめします。

> Googleアナリティクスの導入方法はこちら

 

Seach Consoleの設定をする

まず、Google Seach Console にアクセスします。

サーチコンソール

Googleのアカウントでログイン。

サーチコンソール

「プロパティを追加」 ボタンをクリックして、新規にサイトを登録します。

ここで、サイトを追加するときに 「プロパティ」 という言葉が使われているのが分かります。Googleのツールでは、サイトのことを「プロパティ」 と呼びます。この概念については、複数のサイトにGoogleアナリティクスを設置する をご覧ください。

サーチコンソール

上のボックスに登録したいサイトのURLを入力し、「続行」ボタンをクリック。

すると、サイトの所有権の確認画面が出てきます。

サーチコンソール

「所有権の確認」とは、このサイトが誰のものかをGoogleに通知しておく、といったところでしょうか。ちゃんとしたアカウントを持ったユーザーがこのサイトを管理している、といった証明になります。

ここで、あらかじめ導入したGoogleアナリティクスの設定がうまくいっていれば、所有権の確認方法として「Googleアナリティクス」 が表示されます。

もしここで別の方法が推奨されていれば、アナリティクスの設定がうまくいっていないことになりますので、再度そちらを確認してみてください。

 

「確認」ボタンをクリック。

sc_6

これで、サイトの所有権が確認され、登録が完了です!

 

サイトの所有権の確認方法はいろいろあります。サイトによっては、Googleアナリティクスでの確認方法が使えない場合もありますがその場合は、下記を参照に他の方法でやってみてください。

> Search Console ヘルプ サイトの所有権を確認する

 

サブコンテンツ