「30分でスラスラ1,000文字!」文章作成セミナーを開催しました

今日はCOMゼミナール主催の文章作成セミナーでした。

講師はプロのライターである、松永先生。

初めて、外部の先生をお招きしてのセミナーとなりました。

http://comzemi.com/info/bunsyoseminor/

スポンサーリンク

みなさんがこのセミナーに参加した理由

今、サイトをSEOで上位表示させるには、コンテンツSEOが欠かせない要素の1つとなっています。

ユーザーの知りたいこと、悩みを解決してあげられる良質なコンテンツを作ること。

これがなかなか難しい。。

何を書くかもそうですが、書きたいことを文章にするのって難しいですよね。私も同じです。

みなさんにアンケートを取ったところ、

・どのように文章を書いたりまとめたりするといいのかを知りたい

・記事作成に時間がかかりすぎるのをどうにかしたい

・自分の文章の作り方があっているのか知りたい

・伝わる文章が書きたい

・読みたくなるような文章が書きたい

というのが、セミナーに参加された理由でした。

副業としてドロップシッピングをされている方にとっては、コンテンツ作成はまさに時間との戦い!

そんなみなさんの助けになる内容を先生と話し合い、進めていただきました。

分かりやすい文章を書くために気をつけること

今回のセミナーは、30分でスラスラ1,000文字の文章が書けるようにすることが目的。

実際にコンテンツを作成していくのですが、その前に気をつけるべきことを説明していただきました。

少し紹介させていただくと・・・

1文を短くする

理想は「1文50文字くらい」です。

1文が短くなると、主語と述語が近くなるので、何が言いたいのかがわかりやすくなります。

何が言いたいのかよくわかないなあ。という文章に出会ったら、1文が何文字くらいあるか数えてみてください。100文字を超えると、かなり分かりにくい文章になっていると思います。

以前、あるサイトで頭がぼーっとなるくらい分かりにくい文章に出会ったので、文字数を数えてみたら、261文字ありました(^^;

ある意味スゴイ(笑)

Twitterをされている方は、140文字を3つの文に分けて書く練習をすることをおススメします。

形容詞は使わない

「綺麗」「美味しい」「可愛い」「大きい」「スゴイ」

これらの形容詞は、なんとなくのイメージは分かりますが、そこまで。

どんなふうに綺麗なのか、どのくらい美味しいのか、全く伝わってきません。

具体的に書けば書くほど、相手にわかりやすく伝えることができます。

ワークショップを通じて文章作成のコツを落とし込んでいく

上記のようなポイントを他にもいろいろと説明していただき、実際に30分で1,000文字の文章を作成していきました。

  • プロのライターさんが、実際にどうやって文章を作り上げているのか。
  • 文章を構成するときに、どんな準備をしているのか。

私たちがやったことがないようなお話もポンポンと出てきて、それを実行すると意外とサラサラと1,000文字が出てくるのに、みなさん「おお!!」といった感じでした。

実際にこういったワークを通じて文章を書いてみると、理解したことがすぐに実感できていいですね。みなさんが今日作った2つのコンテンツが、すぐにサイトにアップされているといいですが(^^。

最後は作った文章を推敲する!

これ、私もやっていますが、やっぱりプロは推敲(チェック)するポイントが違います。

推敲するときに注意すべきことも、クイズ問題を解きながらいろいろと教えていただきました。

ここで、全体を通してのみなさんの感想をご紹介しますね。

今まで自分がやっていた文章作成とは全く違っていて、こんなやり方もあるのか!と思った。実際にやってみると意外とサラサラ1,000文字書けて嬉しかった。

(大阪 Kさん)

文章の推敲の考え方は勉強になりました。自分が文を書くクセを見直す良い機会だったので、書いた文、これから書く文の参考にします。

(大阪 Kさん)

「しかし」「だが」「なので」を使うのが大好きな私でしたが、問題をやってみて、読んでいる人には伝わりにくいということが分かりました。

ひらがなが漢字より良いということも知り、「だからなんだ~あ」と勉強になりました。たくさんの事が初めましてで楽しかったです。

(大阪 Oさん)

文章の書き方をこんなにわかりやすく説明して頂いて感謝しています。単にお話を聞くだけでなく、ワークをすることで自分の文章のクセにも気がつくことができました。

また、文章のチェックの仕方も色々と教えていただき、今後のショップ作成に大変役に立つと思いました。

(大阪 Hさん)

最後に

コンテンツを作成する、ということは、ターゲットであるお客様やユーザー様に向けて何かを説明する、ということです。人に何かを説明するとき、その理解が不十分だと分かりやすく説明することはできません。

コンテンツを作成するときは、何も見なくてもその内容についてスラスラと話せるくらいまで、理解を深めておいてください。でないと、おそらく相手に伝わるような文章は作れないでしょう。

そして、文章を作成したら一晩寝て待て!

次の朝読み返してみたら、またおかしなところに気づけるでしょう。

といいつつ、私は今回は一晩寝かさずにアップします~(^^)!

こちらの文章作成セミナーは、来月5月29日(日)にも予定しています。

詳細はまたこちらで告知しますので、ご興味のある方はぜひご参加くださいね。

スポンサーリンク