Facebookアカウントの乗っ取りを予防する方法

Facebook乗っ取り

最近、私の周りでFacebookの乗っ取りの被害が続出しています。アカウントを乗っ取られるとどんな事態になるのか、乗っ取られないために何をしておけばいいのかをご紹介します。

ドロップシッピングにも、Facebookを活用されている方は多いと思います。まだ何の対策もしていない、という方はぜひチェックしてください!

スポンサーリンク

Facebookアカウント乗っ取りの被害例

まず、私の友人におこった被害をご紹介しておきます。

  • お友だちに勝手にメッセージを送って認証番号を聞く
  • お友だちを不正なイベントに招待する(レイバン・UGGなど)
  • お友だちを「Kiwi」アプリに招待しまくる
  • 強制的にログアウトさせられる
  • 携帯番号とLINEのpinコードを聞き出す
  • パスワードを変更される
  • 友達が入れ替えられていた(しかも外国人に!)

怖すぎる。。。

怖いだけならまだしも、アカウントを乗っ取られると大切なお友達にまでかなりの迷惑をかけてしまいますよね。そんなことにならないように、しっかりセキュリティ対策をしておきましょう。

あらかじめしておくこと

パスワードは長いものにし、使いまわししない

パスワードがとても簡単で、かつ他のWEBサービスと同じものにしていると、簡単に乗っ取られてしまいます。パスワードを使い回しているという方は、すぐに変更しておきましょう。

知らない人と気軽に友達にならない

知らない人から友達申請が来たとき、気軽に承認していませんか?

アカウントを乗っ取ろうとする人は、偽名を使ってなりすましのアカウントを作ります。そんな人とお友達になってしまったら、これも乗っ取られる危険性が大!

友達リクエスト設定を「すべてのユーザー」から「友達の友達」にしておくのもおすすめです。知らない人からの友達リクエストを安易に承認しないようにしましょう。

メールアドレスを非公開にする

自分のメールアドレスを他の人に見られないようにしておきましょう。以下、スマホアプリ(iphone)での設定の仕方です。

画面右下の3本線 > 「設定」をタップ

(Andoroidの場合は、右上に3つの点があるボタンから入れます)

Facebook乗っ取り

出てきたメニューから「アカウント設定」をタップ。

次に、「一般」メニューへと進みます。

Facebook乗っ取り

メールアドレスが表示されている部分をタップ。

Facebook乗っ取り

メールアドレスの下に「公開範囲」が選択できるボタンが出てきます。

タップして、「自分のみ」を選択します。

Facebook乗っ取り

「自分のみ」が表示されない場合は、一番下の「その他のオプション」をタップすると出てきます。

これで、メールアドレスを非公開にすることができます。

※知らない人と友達になっていない場合は、公開範囲を「友達」にしてもいいのですが、今後のことを考えると、非公開にしておいた方が安全でしょう。

「ログインアラート」設定をする

ログインアラート設定とは、他の端末(パソコン、スマホなど)から不正にログインがあった場合に、警告の通知が来るようにすることです。

上記にもあった「設定」の画面まで進み、「セキュリティ」メニューをタップ。

Facebook乗っ取り

「ログインアラート」の表示部分をタップ。

Facebook乗っ取り

ログインアラートをFacebookでお知らせしてもらうか、メールで受け取るかを選択します。(どちらでもOK)

Facebook乗っ取り

これで完了です!

「ログイン承認」をオンにする

パスワードだけでなく、「ログイン承認」を使用することで、セキュリティを強化します。アカウントの不正アクセスを防ぐことができます。

上記にも出てきた「セキュリティ」画面から、「ログイン承認オン」へと進みます。

Facebook乗っ取り

次のような画面が出てきますので、「設定をスタート」をタップ。

Facebook乗っ取り

下のような画面になり、SMSなどに確認コードが送られてきます。

Facebook乗っ取り

確認コードを入力し、「次へ」をタップ。

Facebook乗っ取り

これでログイン承認設定が完了です。下のチェックボックスにチェックを入れておきましょう。

Facebook乗っ取り

完了!

もし未登録の端末から不正アクセスがあった場合

不正アクセスをしようとした人のログイン画面には、下記のようなメッセージが表示されます。

Facebook認証画面

このままではログインできませんね。

一方、自分のFacebookアプリには、次のような通知がきます。(上記のアラート設定でFacebookを選んだ場合)

Facebook乗っ取り

「次へ」と進むと、ログインを確認する画面が表示されますので、心当たりがない場合は「私ではありません」を選択しましょう!

Facebook乗っ取り

乗っ取られてしまった時は?

上記のような対策をしていても、乗っ取り犯は日々その手口を変え、攻撃してきます。こうして説明している私も被害にあうかもしれません(^^;

乗っ取られた場合は、お友だちからすぐに連絡がくるでしょう。

「自分、乗っ取られてない?」

しばらくはこの電話やメール対応でてんやわんやになることも。。。

まずは下記のことを行ってください。

  • まだFacebookが使えるようなら、すぐにタイムラインで乗っ取られたことを報告しておきましょう。(犯人に消される可能性もありますが)
  • パスワードが変更できるようなら、すぐに変更します。(これもすぐに書き換えらられる可能性あり)
  • 不正なログインを見つけ出し、強制的にログアウトさせます。(逆に自分がログアウトさせられる可能性大)

怖すぎる。。。

今回は、こんなことにならないための予防方法の記事でしたので、乗っ取られてしまった場合は、また解決法を検索してみてください(^^;

あまり使っていないアカウントであれば、思い切って削除するのも手です。

それでは。

スポンサーリンク