ドロップシッピングのデメリット。初心者から上級者までの意見を紹介

ドロップシッピングのデメリット

ドロップシッピングを始めたころは、「こんなに便利なビジネスがあるんだ!」と、意気揚々と取り組む方も多いでしょう。それが、続けるにしたがっていろいろなデメリットに直面することも。

今回は、ドロップシッピング(もしも)のデメリットをまとめてみました。初心者の方から上級者まで、セミナーで出された意見も含めてご紹介します。

スポンサーリンク

価格で楽天やAmazonに負ける

コムゼミの初級2,000円セミナーで、必ずと言っていいほど聞かれるのが「同じ商品を楽天やAmazonで安く売っていた場合、絶対売れないですよね?」ということ。

ドロップシッピングの場合、仕入価格をこちらで決めることはできません。よって、安く売るために販売価格を下げると、利益がなくなります。これはデメリットといえるでしょう。

ただ実は、成功しているショップオーナーのほとんどは、販売価格は下げるどころか、逆に利益を上乗せして高く設定しています。それでも売れる商品は売れるのです。

秘訣は、「どこで売るか」ということ。「どんなキーワードで集客するか」ということです。

これにはSEOの知識が必要となりますが、ここでは「価格はデメリットにはならない」ということだけ覚えておいてください。

送料の設定が自由にできない

送料が他店と比べて高いのがデメリット、などと考える方も多いでしょう。

インテリアなどの大型商品の場合は関係ありませんが、単価が低い商品の場合、他に「5,000円以上お買い上げで送料無料!」としているショップがあると、どうしても見劣りします。

お買い物をする時、送料はかなり大きいポイントになりますもんね。

ただ、たとえ送料で他店に負けていたとしても、やはり売れているショップはあります。それは、そのショップで買う価値があるからではないでしょうか。

少しくらい送料がかかっても、他のショップよりも商品についての説明が詳しく、わかりやすく、信頼できる。そんなお店であれば安心してお買い物ができます。

また、「〇〇」というキーワードで検索したときこのショップしかなかった、という状況であれば、やはり売れる確率は高くなります。

商品の販売が突然終了してしまう

販売終了

これは、成功者の方のほとんどが経験しているでしょう。大事に育てて売れるようなショップになったとたん、いきなり商品の取り扱いが終了。これまでの苦労が水の泡。。。

もちろんアフィリエイトに切り替えることもできますが、利益率が格段に下がります。

商品数が少ないもので専門店を作るなら、商品の存続性についての見極めも必要になります。メーカーさんの都合で終売になる場合はどうしようもありませんが。。

力を入れてショップを作るなら、こういったことも見越して、商品数が多く、かつ専門性のあるジャンルのショップを作ることをおすすめします。

カートの中のデザインを変更できない

一般のネットショップでは、お客様がお買い物をするとき迷わずに最後まで進めるよう、カート関連のボタンのデザインや色を統一します。ですが、ドロップシッピングの場合は、カートの中のデザインは編集できません。

下記のネットショップはカートの中のデザインまでとことんこだわった事例です。

「ワインレッドで角が少し丸いボタン」を目印に進んでいくと、会員登録なども含め、最後までスムーズに進むことができます。ボタンの大きさまで見事に統一されていますね!

ワードプレスなどで独自にショップを作る場合、カートボタンもショップのイメージに合わせてデザインするでしょう。なのにカートの中のボタンまで統一できないとなると、そこでイメージが途切れてしまいます。

ただ、最近のもしもドロップシッピングでは「レジに進む」などのボタンがグリーンに統一され、とても見やすくなっており、かなりスムーズにお買い物ができるようになっています。

また、カート内のイメージカラーや販売ページへのリンクなどに関しては、管理画面で変更できます。必ず「カート設定」のページを読み、変更しておきましょう。

また、「カートの中をカスタマイズして購入率をアップさせる方法」も合わせてお読みください。

独自の販促アイディアが使えない

ドロップシッピングでは、ライバルに差をつけるための独自の販促アイディア&ツールは使えません。(ポイントシステム・サンクスカード・ラッピングサービス・おまけの商品など)

一般のネットショップでは、こういった販促のアイディアを考えることも楽しみの一つ。それができないのは物足りないですね。

まあ、受注から発送までをすべて任せているのですから、当たり前といえば当たり前ですが。

唯一、メール会員登録をしてくださったお客様には「メルダス」というメルマガを発行することができます。興味がある方は、一度試してみてください。

まとめ

上記のように、初心者の方が最初に考えるデメリットは、売るコツがわかってくると、実はあまりデメリットにはならないことが分かります。

そして、本来のドロップシッピングのメリットを考えると、いろいろなデメリットは取るに足らないものだといえるでしょう。

実際のネットショップでは、他に膨大な労力がかかるのですから。

リアルなネットショップの体験談を公開します」もぜひご覧ください。

スポンサーリンク