ショップできすぎくんの自由ページの作り方&URLを知る方法

ショップできすぎくんでは、「自由ページ」を使ってお役立ちコンテンツを作っていきます。

お役立ちコンテンツとは、販売している商品についての情報や、お客様の悩みを解決してくれるようなページです。

この自由ページの作り方についてよく質問を受けますので、こちらに載せておきます。

スポンサーリンク

1. 自由ページの基本の作り方

1-1. どんなコンテンツを作るかを決める

  • お客様が何を知りたいのか。
  • それをどんなキーワードを使って調べるのか。

ここでは、それを考えてお役立ちコンテンツを作ることが大切です。

そのコツについては、もしもさんの「初心者が家具・寝具を売るための4ステップ (4-2) 」に解説があります。ぜひ読んでみてください。

「こんなコンテンツが作りたいなあ。」ではなく、「お客様が困っていることを解決できるようなコンテンツ」を作ることが大切です。

1-2. お役立ちコンテンツを作る

ショップできすぎくんのサイドメニューの「自由ページ追加(+)」をクリックします。

自由ページ

下のような画面が出てきます。

自由ページ

「ページタイトル」と「ページ説明文」を書き換えます。

ここに入力したものが、お客様が検索したときの検索結果の画面に出てきますので、思わずクリックしてもらえるような、魅力的なタイトルや説明文にしてくださいね。

あとは文章や画像を追加してコンテンツを作り、最後に「保存ボタン」をクリックします。

1-3. サイドバーに表示させる

自由ページでお役立ちコンテンツを作っただけでは、どこからもリンクが貼られていません。最初にショップの方に来たお客様にも読んでもらえるよう、サイドバーなどからリンクできるようにします。

サイドメニューの「サイドバー編集」をクリック。

自由ページ

下のような画面が出てきます。
「要素」の中で「自由リンク」があるものをドラッグして、サイドバーに埋め込みます。

自由ページ

「自由リンク追加」ボタンをクリック。

下のような画面が出てきます。

自由ページ

① 作成した自由ページの一覧が出てきますので、サイドバーに表示したいページを選択。

②ここに入力されてあるテキストが、サイドバーに表示されます。必要に応じて変更してください。

③ここに表示されているのが、作成した自由ページのURLとなります。

プレビューで確認すると下のようになります。4つほど自由ページでお役立ちコンテンツを作り、見出しもつけてみました。(サンプルです)

自由ページ

こちらはスマホバージョンでのプレビューです。ショップを作る時は、スマホでどう見えるかを必ず確認してくださいね。

2. 自由ページ同士で内部リンクを貼る

自由ページがたくさんできると、自由ページ同士をリンクでつなげると、お客様がサイト内をどんどん回遊してくれます。これはSEOに非常に効果がありますので、できればそういった構成になるようにお役立ちコンテンツのネタを考えてください。

2-1. 自由ページのテキストからリンクを貼る

自由ボックスに入力されたテキストで、リンクを貼りたい部分をドラッグして選択します。

自由ページ

そのまま上ツールバーの「リンク」ボタンをクリック。

下のような画面が出てきます。

自由ページ

①リンクを飛ばしたい自由ページをクリックして選択。

②その自由ページのURLが表示されます。

③「リンクを追加する」ボタンをクリック。

自由ページ

すると、上図のようにテキストが青くなり、リンクが貼られたことが分かります。

最後に「保存」ボタンをクリックして完了です。

2-2. 自由ページの画像からリンクを貼る

自由ページに挿入した画像から、別の自由ページにリンクを貼ります。

画像からリンク

画像アップロード・管理画面で、任意の画像をアップロードしておきます。

その後、「画像管理/ページ挿入」で挿入したい画像をクリックして選択。

下に出てくる「リンクURL」に、リンクを飛ばしたい自由ページのURLを入力します。

最後に「選択画像を挿入」ボタンをクリックして完了です!

3. 自由ページのURL(アドレス)について

3-1. 自由ページのURL

自由ページのURL(アドレス)は、”free-0000000000.html” のように作成した時点で勝手に決められてしまいます。

本当なら、”bed_demirit.html” のようにしたいところですが・・・できすぎくんでは無理です。

自由ページだから “free”。 そのまんまですね(笑)

自由ページを作って保存し、サイドバーの「自由ページ一覧」を見てみると下記のようになっています。

自由ページのURL

この画面で作成した自由ページのURL(アドレス)を確認することができるのですが、ここでは公開していない自由ページのURLは表示されません。

上記「2-2」のように、画像にリンクを貼る場合、URLが分からないと困ります。

3-2. 公開前に自由ページのURLを知る方法

公開前に自由ページのURLを知る方法は簡単です。

上記の「2-1」の手順のように、一旦自由ボックスのテキストを選択し、「リンク」ボタンをクリックします。

リンクしたい自由ページを選択すると、そのURLが表示されますので、そこで確認ができるのです。

ちょっと面倒くさいですが、今のところはこうやって確認するしかなさそうです。
(2016年5月現在)

いちいち公開してから確認することを考えると、少しだけですが便利ですね(^^)

まとめ

ショップできすぎくんでSEO対策をするには、ユーザーが求めている情報を自由ページで作成していかなくてはいけません。

(他にも、グループページなどで情報を載せることも大切です)

そのためにも、自由ページ同士や、自由ページからグループページにリンクを貼ったりして、お客様がいろいろなページを回遊できるよう、全体の構成をしっかり考えてくださいね。

スポンサーリンク