ブログ記事に2,000文字をすすめる理由(初心者編)

2000文字

ブログやショップのお役立ちページに、何文字くらいの文章が必要なのでしょうか。これはいつも受講生さんから寄せられる質問です。

コムゼミでは、特に初心者の方には「大体2,000文字くらいです」とお答えしています。

ただ、これにはちゃんとした意味と考え方があります。

単純に「2,000文字書けばいいんだ!」ということではありませんので、ご注意ください。

この「文字数」については、WEB担当者フォーラムでも参考になる記事がありますので、ぜひお読みください。

スポンサーリンク

2,000文字は、初心者の方が文章に慣れるのにおすすめの文字数

ブログやお役立ちページは、初心者の方にとってはハードルが高いことが多いですよね。

これまで文章をあまり書いたことがない、という方も多いでしょう。そんな方は「500文字を書くのもやっと」ということもあります。

その場合、まずは「2,000文字」を目標にすると全体の構成を考えやすくなるのです。

2,000文字を書くために、4つか5つくらいのポイント(見出し)を考えます。そして、各ポイントごとに400~500文字くらいの内容の文章を考えてみてください。

そうすると、文章を組み立てやすく、気がついたらすぐ2,000文字くらいになっているでしょう。

2,000文字を書くことで情報収集力が高まる

お役立ちの記事を書くとき、初心者の方はまだまだ商品や商品に関連する事柄についての情報が少ないですよね。

ですので、2,000文字という目標がないと、ある程度調べたところで「これでいいや」と切り上げてしまい、情報量が少ない記事なってしまうのです。

実際に、同じキーワードで上位表示されている記事をチェックしてみてください。

おそらく、初心者の方の何倍もの情報が記載されているはずです。その情報量を超えないと、そのページよりも上位に表示されることはありません。

「2,000文字書く」というのではなく、「2,000文字の記事が書けるくらいの情報を集める!」という考え方が大切なのです。

図書館

ユーザーが知りたいことが書けていればそれでOK

ブログやお役立ちページを作るとき、ユーザーが知りたいことについてテーマを決め、記事を作ることが大事です。

決して「自分が書きたいことについて書く」のではありません。

記事が完成したとき、その記事のなかでユーザーが知りたいことがちゃんと解決できていれば、基本的にはそれでOKです。

この時、だらだらとした言い回しや、関係のないことで文字数をかせぐのはタブーです。

極端に言えば、ユーザーが知りたいことがちゃんと解決できていれば、500文字しかなくてもいいということです。

500文字でわかりやすくまとめられるのに、文字数をかせぐためだけに2,000文字がつめこまれていたら、かえって読みにくい記事になってしまいます。

それはSEO的にマイナスの評価になるでしょう。

文章を書くのに慣れてきたら、一旦これまでに作った記事を見直してみてください。

その時、ユーザーになった気持ちで読んでみてくださいね。わかりにくい表現があれば、簡潔にわかりやすく修正してみましょう。

もしかしたら、その時に2,000文字あった記事が1,000文字になるかもしれません。それでも、おそらく修正した後の方が読みやすい記事になっているはずです。

そうやって記事をシェイプアップすることも大切です。

まとめ

2,000文字というのは、あくまで上記のような理由でみなさんにお伝えしている数字で、あくまで目安の数字です。

セミナーなどでお伝えする方法や対策には、必ず今のSEOに合った理由や意味があります。それはGoogleのアルゴリズムによって日々変化しますし、新しい情報は取り入れていかなくてはけません。

2,000文字という数字。初心者の方は、上記の内容をしっかり理解しておいてくださいね。

スポンサーリンク