できすぎくんのショップに「noindex」を設定する方法

もしもサーバーに公開したできすぎくんのショップを、その後独自ドメインで運用したい場合、2つのサーバーに同じコンテンツが重複することになります。重複コンテンツはSEOに非常に不利です。それを避けるために、ショップに「noindex」を設定します。

「noindex」とは、検索エンジンに対し「このページはインデックスしなくていいよ」というメッセージを伝えることです。

インデックスとは

ショップが検索エンジン(Google)に認識されることを、「インデックスされる」といいます。Googleがみなさんが作ったショップを見つけ、評価を始めるということです。Googleにインデックスされていないと、SEOの評価すら始まっていないということになります。

このままではお客様がどんなキーワードで検索しても、みなさんのショップがお客様の目に触れることはありません。

 

※この内容は、あくまで独自ドメインでショップを活用する際に必要となります。もしもサーバーや忍者サーバーでショップを運用される方は必要ありませんのでご注意ください。

 

ショップがインデックスされているか確認する

インデックスされているかどうかは、ショップのURLの先頭に「site:」を入力して検索する と分かります。

dekisugi_index

上記のように、「xxxxxxxxに一致する情報は見つかりませんでした。」と表示されると、まだGoogleに認識されていないということになります。

インデックスされていなかった場合

今のうちに、もしもサーバーに公開してしまったショップにnoindexを設定し、再度公開します(手順は下記2参照)。すると、もしもサーバーのショップは、今後インデックスされなくなります。

本来なら、サーバーの中のファイルを削除すればいいのですが、もしもサーバーの場合はそれができません。管理画面にある「ショップの削除」は、サーバーから削除することではありませんのでご注意ください。

そのあとnoindexを外し、保存します。今後は、保存のみで公開はしないでください。ショップを変更するたびにHTMLファイルをダウンロードし、独自ドメインで運営していきます。そうすると重複コンテンツにはなりません。

 

「noindex」の設定

下記の手順でショップのmetaタグに「noindex」を記述します。

dekisugi_index2

「ショップ基本設定」→「メタ(META)タグ」 に下記のタグをコピーし、貼り付けます。

 

ページ下部の 「保存」 ボタンをクリック。

「ショップ公開予約」 をして完了です。

 

これで、ショップの全ページにnoindexを設定したことになります。

(できすぎくんでは、個別のページにnoindexを設定することはできません。)

 

インデックスされていた場合

インデックスされていた場合も、まずはnoindexを設定し、再度公開します(手順は下記2参照)。

ただ、公開したからといってすぐにクローラーが来てnoindexにしてくれるわけではありません。その前に、独自ドメインにアップしたショップがインデックスされると、そちらが重複コンテンツとなってしまいます。

ですので、早くクローラーに来てもらえるように、サーチコンソールを使ってURLの削除を行ってください。

そのあとは、上記の「インデックスされていなかった場合」と同じです。noindexを外し、保存します。

今後は、保存のみで公開はしないでください。ショップを変更するたびにHTMLファイルをダウンロードし、独自ドメインで運営していきます。そうすると重複コンテンツにはなりません。

 

サブコンテンツ