Googleアナリティクスの解析から自分のアクセスを除外する方法

ショップやブログを作りたての時、正確な解析をするために自分のアクセスが邪魔になることがあります。理由は以下のとおり。

 

  • レイアウトやリンクを確認するために何度もアクセスする
  • 一般のユーザーとは異なる動きをする
  • 文章をチェックしたりするため滞在時間が長い

 

などなど。これでは実際のユーザーの動きが分析しにくくなります。

特に、全体のアクセス数が少ないときは、こういった自分の動きは除外して見ていきたいですよね。

その方法をご紹介します。

 

自宅のパソコンの場合

ほとんどのショップオーナーさんは、ご自宅のパソコンで作業をされると思います。そのパソコンのIPアドレスを除外しておきましょう。手順は下記となります。

自宅のパソコンのIPアドレスを調べる

まずは、自宅のパソコンのIPアドレスを調べましょう。下記のサイトが便利です。

https://www.cman.jp/network/support/go_access.cgi

自分のIPアドレスを除外

ページを開くと、画面中央に上記のように自分のパソコンのIPアドレスが表示されますので、コピーしておきましょう。

自分のIPアドレスを除外するフィルタを作る

アナリティクスで以下の設定をします。

Googleアナリティクス

「管理」→(ビュー)→「フィルタ」をクリック

 

自分のIPアドレスを除外

「フィルタを追加」ボタンをクリック。

 

自分のIPアドレスを除外

■新しいフィルタを作成

■フィルタ名:わかりやすい名前なら何でも

■フィルタの種類:「除外」「IPアドレスからのトラフィック」「等しい」

■IPアドレス:上記で調べたIPアドレスを貼り付ける

最後に「保存」ボタンをクリックして完了です。

 

スマホのアクセスの場合

スマホの場合は、外出先で使うことも多くIPアドレスがコロコロ変わってしまいます。そのため、上記のようなIPアドレスを使った除外設定はできません。

それでも、きちんと除外して正確な分析がしたい!という上級者は下記を参考にしてください。

Google Analyticsで自分のスマホのアクセスを除外【iPhone, Android】

 

まとめ

SEOの効果が出てきてアクセスが増えると、少々自分のアクセスがあっても解析には影響しなくなります。

早くそんな日がくるよう、がんばりましょう(^^!

 

サブコンテンツ